るんるんLive Information

■7月15日(土) Salon de RIO スイーツ♡スパークリング コラボ
■8月12日(土)赤坂ふらっとん アコースティックパルコ
■8月13日(日) 19:00〜 エスペートブラジル ライブ&オープンマイク Prc.tutty
■8月19日(土) 14:30〜15:10 すみジャズ 賛育会病院駐車場(RIO&RYO)
■8月20日(日) 17:00〜17:40予定 すみジャズ 82 ALE HOUSE (RIOソロ)

2017年06月21日

映画「昼顔」を見た

今年はたまに邦画を見に行っています。
今回はドラマをちょっと見てたこともあり、その後のストーリーが気になって見てみました。
いやぁ、重かったです。
人によって感想が異なるところじゃないでしょうか。
以降、ネタバレになるので、これから見ようという方は読まないでね。

どうしようもない気持ちを描きつつも最終的には不貞をどこまでもたたく結果になってるね。いわゆるゲスを肯定するつもりはないけど、そこまで制裁しなくても・・・という気持ちにもなりました。
ちょっとだけ救いを残すけど、もやもやのままおわり。
愛情が強く執拗だとどちらも傷つくんだね。
ダイブ直前の会話は本当に怖かった。どうして自分じゃなくて彼女の方が良いのかの問いに、北野先生はわからない!って答えるところ。裕一郎ってなんどもつぶやきながら加速する狂気に背筋凍ります。
それにしても、その前の会話で、離婚したら、すぐ彼女と籍を入れるという話もしてたけど、あれは無神経極まりないよね。北野先生にとっては自業自得の感はあるな。かわいそうだけど。
奥さんのあの不死身さ(笑)も不気味。何も悪いことをしていないことが正しいのかな?というかもやは狂気に満ちているね。いつの時代も恋は人を狂わせるんだな。
悲惨なラストだったので、印象深いストーリーだったけど、もっと救いがあれば娯楽映画としては良かったな。
たとえば、事故の後、妻の方が死んで、北野先生は記憶喪失になって車いす生活の体になるけど、紗和はそんな北野先生とともに奥さんへの懺悔をしつつ暮らして行く、みたいな。さいごは蛍をふたりで見ている瞬間に北野先生が何か思い出したような表情をするの。だめ〜?
こわいから、もう(ToT)
posted by RIO at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180114162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック