るんるんLive Information

■3月22日(木)19:30 宮内家 R2H&手嶋りえ

2013年08月04日

爪派? 肉派?

周りのギターを弾く人を見ると、爪で弾く人とそうじゃない人がいます。
どっちもありなのだと思うけど、私は爪派です。
で、爪をどうカットするかずっと前から試行錯誤していて、まだ決まっていません。
最近気になるのは、4〜6弦の巻き弦を弾くときに人差し指の爪の側面で引っかく「キッ」という微妙な音がすることです。弦をはじいてポーンという前にキッというとても短い音が入ってしまう。1〜3弦はナイロン弦で引っ掛かりがないからそんな音はしません。とても細いコイル状のその部分をなるべくこすらずにポーンとはじきたいので、どういう形に爪を切ろうか悩んでいます。

親指の爪も長すぎると弾いた6弦に爪の表面が触れたときビビン〜というありえない音を出してしまいます。親指の爪はそんなに長くしなくて良いと思いました。というか、指と弦の間隔の認識が甘いだけかな。

弾いては削り、試しています。
どちらかというと、ボリューム感のあるクリアな音が好きです。
爪か肉かという以前の問題もあるけどね〜〜。
わははは。
posted by RIO at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71746723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック