るんるんLive Information

■3月22日(木)19:30 宮内家 R2H&手嶋りえ

2014年03月05日

そのコードにグッと来るか?

その昔、中学生の頃フォークギターを初めて弾いたとき、いろいろなコードを覚えていったわけで、Em、Am、DだのEだのは最初に鳴らしたよ。
でも好きだった曲に使われていたコードがmajor7だったので、CM7、DM7、FM7なんかをただただ弾いてうっとりしていたものでした。その音が好きかどうかは本能なのか生まれもった好みなのかなぞです。
音を聴いたときに、理論でその構成が分析できるより、グッと来るかどうかのほうが共感ができるなぁ。M7の他にも、いっぱいあってボサによく使われる69とか13とか♭13とかも、えも言われぬ「なんか良い感じ」って説明ができない。

コードネームは覚えるのが面倒なのですが、二人以上で演奏するときはどうしても必要になるのは譜面と一緒なんだね。理論が分かっていたら「このコードはなんだか違う、でもどの音を入れたら良いのか分からない」というときに解明するのかもね。しかたないのでピアノでいろんな音を弾いて探します。これだ!と思った和音が見つかるとすごくうれしい。探す楽しさもあるんだよ。

ときどきテンションコードに疲れて(?)CとかGが恋しくなるけど、どっちにしても和音に魅力を感じるのは昔も今も変わりません。私の曲の中でテンションコードが多いのは「あいまい」テンションに疲れて(疲れてというより飽きて?)作ったのが「空のかなた」です。




空のかなた
↑埼玉会館での演奏が音が良いので。(さきえるさん撮影)
posted by RIO at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88908298
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック