るんるんLive Information

■3月22日(木)19:30 宮内家 R2H&手嶋りえ

2014年03月07日

爪が痛んでいます

少し前に、右手の爪がボロボロになってしまい、日常生活でも色々なものに引っかかって過ごしにくかったので、短く切りました。それから少し伸びて、良い感じになってきたのだけれど、親指の爪の中ほど(まだ伸びていない部分)がひび割れました。数週間先に爪の先が割れる予定です・・・今までこんなことはなかったのだけど、今年の冬の寒さと関係があるのかしら。それとも老化?とほほ。
爪の先が割れるのは痛くないけど、まだ肉とくっついている部分が割れるのは痛いです。
仕方がないので、アロンアルファをつけて、薄いガーゼを張って、その上にティッシュを薄く剥がして張って補強してみました。とりあえず、引っ掛かりがなくなり、ギターを弾くのにも不便はなさそうだけど、キレイじゃないです。やはりジェルネイルをつけるべきかしら。いよいよ必要に迫られそうです。

どちらかというと、爪で思い切り弾くタイプなので(フラメンコほどでは全くないですが)、どうしても負荷がかかってしまいます。まわりのギタリストさん達のなかには、ジェルネイル派も多く、なかなか快適な噂。左手の指先はかかとのように硬くなって時々脱皮しています。女子の繊細な手指じゃなくなっている昨今。ちょっと残念なので、何か対策を練ろうと思います。
以前、左手はマニキュアを塗っても演奏に関係がないのでおしゃれができるかと思ったけど、演奏中ふと見たときに気が散ることが発覚。以後目立つマニキュアはつけないことにしました。今度は右手におしゃれしてみよう〜^^

私の場合は、爪があるのとないのとではギターの音が全然違います。
爪と折り合いをつけながら、自分で好きな音が出るように私なりに調整をしたいと思っています。
ああ・・・・
posted by RIO at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター
この記事へのコメント
偶然ですねぇ〜!
自分も昨夜、傷んだ右手の爪を切りましたぁ〜!

なので、今奏でるギターの音色は、チワワが肉球で弾いた様な「ぽん、ぽぉ〜ん!」という情けない音色です!

でも、Rioさんも、、、もしかして同じ音色ですかぁ〜?(失礼、、、。)

でも、真面目にギタリストにとって、右手の爪は本当に大切ですよね!
Posted by ギタリストTaka at 2014年03月09日 19:17
Takaさん

奇遇ですね。時々どうしようもなくボロボロになりますよね。
私のはにゃんこの肉球で弾いたようなような音です(笑)

だいぶ伸びてきました。
ジェルネイルする?
Posted by RIO at 2014年03月09日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/89291007
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック